20ドル足りない…大ピンチの観光客を救ったNY市警官の人情

公開日:

 米ニューヨーク市警の人情味あふれる警察官に注目が集まっている。

 米紙ニューヨーク・デイリー・ニューズ(11月14日付電子版)などによると、今年10月、アイルランドに住むジェラルディン・マッケンナさんと2人の娘は初めて、ニューヨークを訪れた。

 チケット入手が極めて困難とされる大ヒットミュージカル「ハミルトン」をブロードウェーで見るためで、ディスカウントチケット抽選を4日間も待った。そして見事に当選し、ボックスオフィス(チケット販売所)でチケットが手に入ると思ったその時…なんとチケット代が20ドル足りないことが判明!

 デビッドカードは使えない。「5分以内に不足分の工面がつかないとチケットは別の人のものになります」と告げられ、ジェラルディンさん親子はパニックに陥った。

 おろおろしていたところ、NY市警の警察官、リカルド・ディカンディアさんが「どうかしましたか?」。親子が窮状を説明したところ、リカルドさんは自分の財布を取り出し、「これで大切なチケットをゲットしてください」と20ドルを差し出したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る