カカオ栽培から苦節16年…東京産チョコレートの紆余曲折

公開日: 更新日:

 チョコレートの原料カカオは、ガーナなど外国産のイメージがあるだろう。それもそのはず、カカオは赤道付近の南北緯度20度以内、年間平均気温27度以上の高温多湿な地域でしか育たない熱帯植物だ。

 現在菓子メーカー各社は、外国で栽培から発酵、乾燥までされたカカオを輸入し、チョコレートなどを製造している。

 ところが24日、菓子のOEM生産を手掛けている平塚製菓(本社・埼玉県草加市)が、史上初となる「東京産」のカカオを使ったチョコレート「TOKYO CACAO」を発売した。

「ひとりのチョコレート屋のおやじとして夢を見たいという思いで、不可能と思われた『東京産のカカオ栽培』に長年チャレンジしてきました」と話すのは、同社社長の平塚正幸さん(69)だ。

 きっかけは、平塚さんがガーナの大規模なカカオプランテーションを視察し、「ラグビーボールのようなカカオの実を自分でイチから育ててみたいと思った」ことだった。2003年、「東京産」のチョコレートができたら面白いと考え、北緯27度の東京都小笠原村・母島で栽培を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  8. 8

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る