間食にチョコを 識者が語る効果とメーカーが勧める食べ方

公開日: 更新日:

ダイエットに成功し、かつリバウンドしない人は間食を取っている。特にチョコレート」――健康ネタ取材歴20年の日刊ゲンダイ記者は、管理栄養士などから何度、その話を聞いたことか。太るイメージの強いチョコ。しかし実際は、正反対のようだ。栄養学が専門の横浜創英大名誉教授・則岡孝子氏も「うなずける話です」とこう話す。

「ダイエットに失敗する人や、リバウンドする人は“食べ癖”がついていて、一度好きな物を好きなだけ食べてしまうと、太る原因になった食習慣にあっという間に戻ってしまう。これを避けるには、空腹を我慢し過ぎないこと。少量と決めて間食でチョコを食べれば、空腹が解消されるうえ、カカオポリフェノールやテオブロミンなど、ストレスを軽減させる成分を取ることができます」

 空腹後のドカ食いは、血糖値の急上昇・急降下を招き、太りやすくなったり、動脈硬化を進行させたりする。その予防にも“間食のチョコ”は役立つという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る