西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

七宝 麻辣湯 (恵比寿)辛いスープ春雨で“寒暖差疲労”を解消

公開日: 更新日:

 日中はまだまだポカポカ陽気なのに朝晩はヒンヤリとして寒い――。

 寒暖の差を感じる季節になりましたね。天気予報によると東京は来週になると10度を下回りそうな日もありそう……。そうなんですよ! 今の時期って〈寒暖差疲労〉に要注意なのです。

 季節の変わり目など気温や気圧の変化に体がついていかず、どうしても体内のバランスが崩れて自律神経が乱れがち。スムーズな体温調整もままならず、少しずつ〈寒暖差疲労〉が蓄積されていきます。改善するにはどうすればいい? 〈体を冷やさないようにして体内から温める〉ことが大事です。そこで恵比寿の「七宝 麻辣湯」にお邪魔しました。

 入り口の扉を開けるとまず大きな冷蔵ケースが目に入ります。

 黄緑色野菜、根菜、キノコ、ギョーザ、肉入りワンタン、肉団子、茹で卵、納豆、キムチなど約50種類。これは何かと言いますと! こちらでは「スープ春雨」(500円)に食べたい具材を無制限にトッピング(1グラム=2・5円)して自分流にカスタマイズしながら食べるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る