西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

スパイスボックス(神田)フルマラソン後は無性にカレー!

公開日: 更新日:

 6日に長野・松本市で「松本マラソン」に参加しました。小雨の中をスタート。途中で秋空が広がり、すがすがしい気配の中をゲストランナーとして42・195キロ走り、その後は最終ランナーまでゴールでハイタッチのお出迎え。運営スタッフやボランティアの皆さまとも協力しながら、大会を盛り上げてきました。

 フルマラソンを走って数日が経過すると……、いつも無性にカレーが食べたくなります。カレーのスパイスには、胃腸の働きを活発にする効果があり、食欲をグン! と増進してくれます。

 さらには、消化や血行を促してくれ新陳代謝を高めてくれます。この「体の内部から健康にしてくれる」感覚が<フルマラソンで疲弊した体が理屈抜きに欲しがる>のでしょう。

 そそくさと出掛けていったのが、カレーの街として知られる神田です。この界隈には、カレー屋が400店以上ひしめき合い、日本有数のカレー激戦区です。JR神田駅から徒歩7分。お目当ての「スパイスボックス」に到着しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る