デモ続く香港が不安なら…バスで30分のマカオ旅はどうだ?

公開日: 更新日:

 逃亡犯条例改正案が正式撤回され2週間以上が経つが、香港の大規模デモは終息に向かう様子がない。11月8日には、警官隊とデモ隊の衝突現場付近で負傷した男子大学生(22)が死亡したと、公共放送RTHKが伝えた。デモに関連して死者が出たのは初といわれている。

 各地で催涙弾が放たれ、ガスマスク着用の売店のおばちゃんの姿も珍しくない。デモが深刻化する前に香港行きのチケットを購入した人の中には、「行くの、どうしようかな」と悩んでいる人もいるだろう。

「ひと頃に比べて報道は減りましたが、香港、いま大丈夫ですか、という問い合わせはずっと続いていますね」(旅行代理店関係者)

 そこでお勧めなのは、マカオ旅。昨年10月24日に世界最長の海上橋、港珠澳大橋が開通。これを通るバスを使えば、香港国際空港から30分ほど、65香港ドル(約910円=深夜は70香港ドル)でマカオへ行ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る