デモ続く香港が不安なら…バスで30分のマカオ旅はどうだ?

公開日: 更新日:

 逃亡犯条例改正案が正式撤回され2週間以上が経つが、香港の大規模デモは終息に向かう様子がない。11月8日には、警官隊とデモ隊の衝突現場付近で負傷した男子大学生(22)が死亡したと、公共放送RTHKが伝えた。デモに関連して死者が出たのは初といわれている。

 各地で催涙弾が放たれ、ガスマスク着用の売店のおばちゃんの姿も珍しくない。デモが深刻化する前に香港行きのチケットを購入した人の中には、「行くの、どうしようかな」と悩んでいる人もいるだろう。

「ひと頃に比べて報道は減りましたが、香港、いま大丈夫ですか、という問い合わせはずっと続いていますね」(旅行代理店関係者)

 そこでお勧めなのは、マカオ旅。昨年10月24日に世界最長の海上橋、港珠澳大橋が開通。これを通るバスを使えば、香港国際空港から30分ほど、65香港ドル(約910円=深夜は70香港ドル)でマカオへ行ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る