航空券で国内初の発売 旅行「キャンセル保険」ジワリ拡大

公開日: 更新日:

 首都圏を直撃した台風15号の影響で、羽田や成田を発着する国内線を中心にした航空機の欠航は250便を超えた。交通網は遮断され、陸の孤島と化した成田空港には1万4000人が足止めされ、一夜を明かす利用客があふれた。

 こうした悪天候による欠航、遅延の恐れがある航空券の取り消し、払い戻しを補償する国内初のキャンセル保険「そらもよう」が10月1日から発売された。

■5日前からキャンセル可能


 全日空と東京海上日動火災保険が開発し、搭乗予定便に欠航の恐れがあると判断された場合は、5日前から手数料免除で搭乗券のキャンセルができるというものだ。

「これまでは搭乗日直前に運航への影響があると判断された場合に、取り消し手数料、払戻手数料免除で航空券のキャンセルが可能でした。しかし、例えば搭乗日13日前から出発時刻前の解約では、運賃の約60%相当額の取り消し手数料がかかりました。『余裕を持って旅行の実施可否を検討したいので、もっと早めに取り消し手数料の免除ができないか』という多くの利用者の声から全日空と共同開発を進めてきました」(東京海上日動火災保険広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る