調味料「ナンプラー」を日本に初めて輸入したラオス人の今

公開日: 更新日:

 沢木耕太郎『深夜特急』の影響で、学生時代にタイに貧乏旅行をした経験のある人は少なくないだろう。現在、タイは経済成長真っ只中で、街中はきれいに整備され、都市部には超高層ビルが立ち並んでいる。所得が増えるにつれてタイ人の海外旅行も盛んになり、日本へのインバウンド(訪日客)の中にはタイ人旅行客の姿もたくさん見受けられるようになった。

 日本人にとってタイといえば、昨今はタイ料理が身近なものになり、現在、日本国内にタイ料理店は「およそ1200店舗」(タイ国大使館商務参事官事務所)あるという。日本でもファンが多いタイ料理は、中華料理、インド料理、韓国料理に次いでポピュラーな料理になりつつある。

■タイで1番有名なナンプラーを扱う、板橋の輸入商社

 そんなタイ料理に欠かせない調味料が、魚醤「ナンプラー」だろう。ナンプラーが日本に初めて輸入されたのは、1984年。まだ一般的にタイがどんな国で、どんな料理があるかもあまり知られていなかったころ、日本でのナンプラーの普及に努めたのが、東京の大学院に留学していたラオス人青年、ホンム・ソンパディ(日本名:村松成豊)さんであることはあまり知られていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る