エーワールド大山峻護社長 稲盛和夫の言葉が心に刺さった

公開日: 更新日:

「おかげでいまは、格闘技を知らない人にも、『前祝いの法則』に出てましたよね、と声をかけてもらえてありがたいです」

 前置きが長くなってしまったが、大山さん(45)は元総合格闘家。現在は、数十人分ものボクシンググローブとミットをスーツケースに詰めて日本中を駆け巡る。誰にでも楽しんでもらえるように、格闘技とフィットネスを融合させたオリジナルプログラム「ファイトネス」を教えるためだ。

「引退したのは14年。物心ついたころから柔道を始め、強くなることを目標に生きてきたのに、引退すると目標を失い、初めてどう生きていいかわからなくなりました。さまざまな方に話を聞くと、自分と同じように、いまストレスによって病んでいる人が多いこと、15年から企業でストレスチェックが義務付けられたこと、また運動したいけどきっかけがないという人が多いことを知りました。それなら自分が企業に出張してファイトネスを提供すればいいのではないか、楽しければ喜ばれるだろうと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る