家庭では再現不可 くら寿司新作「極み熟成まぐろ」を食う

公開日: 更新日:

 うま味成分が140%にアップしたという。くら寿司が今月8日から販売している「極み熟成まぐろ」(写真=1皿100円、税別)の話。

 従来の「熟成まぐろ」は2013年から販売。それまでのただの「まぐろ」から売り上げが1・5倍に急伸し、今では年間約7000万皿売れる一番人気の商品だ。

 ちなみに「熟成」とは「死後、組織・細胞のタンパク・脂質・糖質などが、自身の酵素によって分解され、うま味成分が増えること」。最近では“熟成肉”人気もすっかり定着している。

 で、くら寿司ではさらなるおいしさを追求すべく、今年7月から東大大学院農学生命科学研究科「健康栄養機能学」社会連携講座、日本食品科学研究所と共同研究を開始した。

「まぐろの熟成に伴う、うま味成分と香り成分の推移などを科学的に測定し、その数値を基に総合的に検討。おいしさの最適ポイントを考察しました」(東大名誉教授で同研究所所長の真鍋昇氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る