家庭では再現不可 くら寿司新作「極み熟成まぐろ」を食う

公開日: 更新日:

 うま味成分が140%にアップしたという。くら寿司が今月8日から販売している「極み熟成まぐろ」(写真=1皿100円、税別)の話。

 従来の「熟成まぐろ」は2013年から販売。それまでのただの「まぐろ」から売り上げが1・5倍に急伸し、今では年間約7000万皿売れる一番人気の商品だ。

 ちなみに「熟成」とは「死後、組織・細胞のタンパク・脂質・糖質などが、自身の酵素によって分解され、うま味成分が増えること」。最近では“熟成肉”人気もすっかり定着している。

 で、くら寿司ではさらなるおいしさを追求すべく、今年7月から東大大学院農学生命科学研究科「健康栄養機能学」社会連携講座、日本食品科学研究所と共同研究を開始した。

「まぐろの熟成に伴う、うま味成分と香り成分の推移などを科学的に測定し、その数値を基に総合的に検討。おいしさの最適ポイントを考察しました」(東大名誉教授で同研究所所長の真鍋昇氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  4. 4

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る