男性の育休取得わずか6%…足を引っ張る管理職世代の常識

公開日: 更新日:

 育児休暇から職場復帰した直後に関西への転勤を命じられた会社員が、辞令を受け入れるのは困難だとして退職。その妻がツイッターで「何もかもあり得ない。不当すぎる」と呟いたところ、同情の声が多数寄せられた。男性の育休取得へのハラスメントは根深い。

 ◇  ◇  ◇

 ネットが炎上したのは今年6月のことだ。妻の呟きをきっかけに、夫の勤務先だった化学メーカーのカネカは猛烈な批判にさらされた。同社は慌ててそれまでの経緯をホームページで説明。〈当社の対応に問題は無いことを確認致しました〉と強調した。

 確かに法律では、育休から復帰した社員の扱いを会社側の裁量に任せている。通常のルールから逸脱していなければ、異動させることもオーケー。育休取得を理由として不利な扱いをしない限り、問題になることはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る