男性の育休取得わずか6%…足を引っ張る管理職世代の常識

公開日: 更新日:

 育児休暇から職場復帰した直後に関西への転勤を命じられた会社員が、辞令を受け入れるのは困難だとして退職。その妻がツイッターで「何もかもあり得ない。不当すぎる」と呟いたところ、同情の声が多数寄せられた。男性の育休取得へのハラスメントは根深い。

 ◇  ◇  ◇

 ネットが炎上したのは今年6月のことだ。妻の呟きをきっかけに、夫の勤務先だった化学メーカーのカネカは猛烈な批判にさらされた。同社は慌ててそれまでの経緯をホームページで説明。〈当社の対応に問題は無いことを確認致しました〉と強調した。

 確かに法律では、育休から復帰した社員の扱いを会社側の裁量に任せている。通常のルールから逸脱していなければ、異動させることもオーケー。育休取得を理由として不利な扱いをしない限り、問題になることはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る