とっさのメモ 累計販売35万本「ウエアラブルメモ」の実力

公開日: 更新日:

 普段、仕事や私用の予定などをメモする際、手帳やポストイットのほか、スマホのメモ機能を使うことも多いだろう。しかし、介護や医療、建築などの現場の場合、とっさにメモが必要になった時、こうしたメモの取り方は難しく、頭で覚えるか手に直接書き込むことが多いという。そんな現場で重宝されているウエアラブルメモがある。

「シリコーンの上に特殊コーティングを施した『wemo』は、油性ボールペンで書けて、消しゴムだけでなく手でも消すことができます。手に巻きつけるバンドタイプ、PCなどに貼るパッドタイプ、そして、スマホケースタイプ(iPhone7、8、X、XS、11Proのみ)の3種類があります」と話すのは、wemoを企画したビジネスデザイン会社「kenma」代表の今井裕平さんだ。

 今井さんは機能性フィルムメーカーのコスモテック(東京・立川)が持つ技術をもとに、wemoを発案。2016年に、中小企業とデザイナーをマッチングする東京都主催の事業提案コンペティション「東京ビジネスデザインアワード」で優秀賞、18年にはグッドデザイン賞を受賞している。これまでインターネットや大手雑貨店のほか、アメリカや台湾などでも発売され、販売累計35万本に達するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  7. 7

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

  8. 8

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る