22日公表 ブラック企業大賞に「長崎市」ノミネートのナゼ

公開日: 更新日:

 ブラック企業大賞実行委が22日、2019年の「ブラック企業大賞」を公表する。

 相次ぐ過労死が問題視され、16年に「ブラック企業大賞」となった「電通」や、日常的に上司から「バカ、アホ」と言われた上、「死んだ方がいい」などと罵倒された男性が社員寮で自殺していたことが発覚した「トヨタ自動車」、14~17年に男性社員5人が労災認定され、うち2人が自殺していた「三菱電機」など、大手企業が並ぶ中でノミネートされた自治体がある。「長崎市」だ。一体なぜなのか。実行委の掲示理由はこうだ。

〈07年7月、原爆祈念式典に向けての取材にあたる女性記者に市の原爆被曝対策部長(当時)が性暴力をふるうという事件が発生。同年10月頃、長崎市は関係者に対して内部調査を開始した。ところが、その直後、当該部長は自殺してしまい、結局、調査は加害者の主張のみを聴取するにとどまったまま終了してしまった〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る