消えるコンビーフ“クルクル缶”ロスを救う巨大ウルグアイ産

公開日: 更新日:

「消えゆく昭和」「もうクルクルできない」――。発売開始から70年、パッケージをリニューアルすることになった「ノザキのコンビーフ」。チマタには惜別の声があふれている。

 食料品取引を手掛ける「川商フーズ」は15日、「ノザキのコンビーフ」のパッケージを刷新すると発表。付属の「巻き取り鍵」で缶の側面をクルクルしながら開封する「枕缶」は近い将来、手に入らなくなる。

 ネット上では、ドラマ「傷だらけの天使」でショーケンがコンビーフ缶の“フタ”を開け、直接かぶりつくシーンとともに「これができなくなるのか……」と落胆する声もチラホラ。なぜ“クルクル缶”が消えるのか。川商フーズに聞いた。

「タイの工場で枕缶を製造する機械をメンテナンスしてきたのですが、老朽化により製造ラインが維持できなくなりました。そこで、設備維持に投資するよりも、リニューアルに舵(かじ)を切ることになったのです」(食品流通部担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る