消えるコンビーフ“クルクル缶”ロスを救う巨大ウルグアイ産

公開日: 更新日:

「消えゆく昭和」「もうクルクルできない」――。発売開始から70年、パッケージをリニューアルすることになった「ノザキのコンビーフ」。チマタには惜別の声があふれている。

 食料品取引を手掛ける「川商フーズ」は15日、「ノザキのコンビーフ」のパッケージを刷新すると発表。付属の「巻き取り鍵」で缶の側面をクルクルしながら開封する「枕缶」は近い将来、手に入らなくなる。

 ネット上では、ドラマ「傷だらけの天使」でショーケンがコンビーフ缶の“フタ”を開け、直接かぶりつくシーンとともに「これができなくなるのか……」と落胆する声もチラホラ。なぜ“クルクル缶”が消えるのか。川商フーズに聞いた。

「タイの工場で枕缶を製造する機械をメンテナンスしてきたのですが、老朽化により製造ラインが維持できなくなりました。そこで、設備維持に投資するよりも、リニューアルに舵(かじ)を切ることになったのです」(食品流通部担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る