全国交通事故死者は最少更新も…千葉県ワースト1位のナゼ

公開日: 更新日:

 千葉県の森田健作知事もビックリだろう。警察庁が6日発表した昨年の全国の交通事故による死者数で、47都道府県のうち千葉が初めてワースト1位となったからだ。

 全国の死者数は3年連続で減少し、前年より317人少ない3215人。統計が残る1948年以降で最少を更新したが、千葉の172人(前年比14人減)が全国最多だった。一昨年まで16年連続ワースト1位だった愛知は156人(同33人減)でワースト2位。続いて、北海道の152人(同11人増)。一昨年に175人とワースト3位だった埼玉県は129人まで減らした。

 改めて気になるのは、なぜ千葉が初のワースト1位に躍り出たのかということだ。千葉県警に聞いてみた。

「数字だけ見ると、他県の下げ幅が大きかったことが要因と考えられますが、本県の死亡者の内訳を見ると、高齢者が90人を占めています。また、歩行中に事故に遭った死者数75人のうち49人が高齢者。つまり、歩行中の高齢者の死亡事故が相次いでいるのです」(交通総務課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る