高齢者7割超が関心「ソロ終活」への不安と広がるサポート

公開日: 更新日:

 今や65歳以上のいる家庭の4分の1が一人暮らし。おひとりさまで死後の算段までする“ソロ終活”が関心の的だ。

 終活サービス「鎌倉新書」が単独世帯と夫婦のみの世帯にソロ終活について聞いたところ、7割超が「興味がある」と回答している。

 配偶者がいればまだいいが、それでも確実にどちらかが先に旅立つことになる。それだけ切実な問題だということだが、実際に準備を進めている人は2割にとどまり、半数以上は何もしていないのが現状だ。

 そうした中、具体的な不安としては、公共料金などの解約届を誰が出すか、遺品整理は誰にしてもらうかといったものがある。その一方、全体的に自分の「お葬式」や「お墓」への関心は薄い。なぜなら、葬儀は不要、お墓は合葬墓でOKという人が多いからだ。

 また、独居死の人の火葬を行ってくれる自治体も増えているし、生前契約で死後サポートをする終活支援団体もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る