コンビニ3社に聞いた 赤飯おにぎりはなぜマル形が多い?

公開日: 更新日:

 成人式は終わったが、これから春にかけて合格発表、卒業、入学、入社とお祝い事が続く。赤飯を食べる機会も多いだろう。

 ところで赤飯といえば、コンビニで売っている赤飯おにぎりは「マル形」が多いのをご存じか? エッセイストの平松洋子さんも著書「かきバターを神田で」(文春文庫)の「マルサンカクシカク」の項目で、「コンビニで売っている赤飯はマルじゃなければ売れない、サンカクにしたら赤飯の売り上げがてきめんに落ちると聞いた」と書いている。

「赤飯おにぎりは1996年から発売しており、おにぎりの中では最初の方からある商品です。形は発売当初からマル形でした」と話すのは、セブン―イレブンの広報担当者。一時期、サンカク形になったこともあるが、やはりマル形に戻ったという。

「理由は、赤飯おにぎりは『HOT成型』というセブン独自の技術を使っていること。ご飯を温かいままおにぎりにし、食べるとふっくら感を感じる技術です。この工程を経たおにぎりは、マル形になるのです。おにぎりの特性に応じた技術を用いているので、その違いによってマル形だったりサンカク形だったりします」(セブン―イレブン広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る