期限迫る弁当値引き コンビニが食品ロス解消に本腰の理由

公開日: 更新日:

 食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」が国際的に問題視されている。その是正を目指す「食品ロス削減推進法案」が今国会で成立する見通しとなり、コンビニ大手が対策に本腰を入れ始めた。

 セブン―イレブンを運営するセブン―イレブン・ジャパンは今秋から、全国の加盟店を含む約2万店で、販売期限の迫った弁当やおにぎりなどを購入した客に電子マネー「nanaco(ナナコ)」でのポイント還元を検討。「昨年末から今年初めに直営店20店舗で行ったポイント還元の実証実験の効果を踏まえ、準備を進めている」(セブン―イレブン広報センター)という。

 環境省によると、2016年の食品ロスは643万トン。セブン―イレブンは年間の食品廃棄量を算出していないが、全国に1万4671店舗を展開するローソンは、「計測可能な2500店から算出したところ、17年4月から18年3月末までの廃棄量は4・4万トンでした」(ローソン広報室)という。主要コンビニ4社(セブン―イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ)の店舗数が約5万4000店。ローソンの廃棄量を参考にすると単純計算で、主要4社の食品ロスは年間100万トン近くに上ることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る