曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

BAR サヴォイ・オマージュ(花隈)世界一に輝いたカクテルを

公開日: 更新日:

 花隈にあるバー「サヴォイ・オマージュ」の森崎和哉さんは、全国バーテンダー技能競技大会の常連出場者。総合1位をめざして出場するも、昨秋は総合3位になっている。これで2年連続3位で、次こそは1位をと意気込んでいるのだ。でも昨秋の大会では創作カクテル部門はトップなのだから、そのアイデアと技術は誰もが認めるところ。 ホライズン(1200円)と名づけたカクテルがその作品で、森崎さんいわく「入手しやすい物ばかりで作り、なんじゃこれは! と思わせるべく考えた」らしい。シトロンウオッカ、グリーンティー、プルシア、ジャスミンシロップ、フレッシュライムをシェークして作るのだが、甘さとほろ苦さがあり、爽やかな味がする。すべてがつながり、バランスよく作っているが、なぜか飲んだ人の好みの物がファーストインプレッションとして残るのだ。

 実は森崎さんは日本一こそ獲っていないが、2017年にはアメージングビューなるカクテルで世界一を獲得している。同大会は日本人の優勝歴がないくらい日本人には縁遠い存在だった。それがあっさり初出場で森崎さんが優勝してしまった。このカクテルはホワイトラムベースで、マンゴスチン、キルシュ、パイナップルチポトレー、柚子果汁、グリーンアップルピューレをシェークして作る。渡り鳥が絶景を背景に自由に飛ぶさまを表現して創作したのだそうで、この一杯で世界平和を訴えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る