移住経験から語る…雪国での田舎暮らしに潜む“落とし穴”

公開日: 更新日:

 田舎暮らしの住まいを決めるにあたっては立地を注意深く検討する必要がある。今秋の台風の際も、被災地の中には旧河道だったところもあり、「古地図を参考にして、過去に川だったところは避けた方がいい」という指摘もあった。

 この「地形問題」が深刻な苦労につながる危険が最も高いのは雪国だろう。雪国は地形によっては吹きだまりになり、積雪量が極端に多くなる場所がある。また、水路や池などの「雪捨て場」がある所とない所では除雪作業の難易度が全然変わってくる。この辺りは物件を決める前に、手土産でも持っていって移住を考えている先の住人によく聞いてみるといい。

「雪捨て場」があれば、そこに雪を捨てておけば済む。もしそれがなければ、除雪機で吹き上げて敷地内に邪魔にならないように積み上げる必要がある。ほぼ毎日のことなので、このひと手間が雲泥の差を生む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る