移住経験から語る…雪国での田舎暮らしに潜む“落とし穴”

公開日: 更新日:

 田舎暮らしの住まいを決めるにあたっては立地を注意深く検討する必要がある。今秋の台風の際も、被災地の中には旧河道だったところもあり、「古地図を参考にして、過去に川だったところは避けた方がいい」という指摘もあった。

 この「地形問題」が深刻な苦労につながる危険が最も高いのは雪国だろう。雪国は地形によっては吹きだまりになり、積雪量が極端に多くなる場所がある。また、水路や池などの「雪捨て場」がある所とない所では除雪作業の難易度が全然変わってくる。この辺りは物件を決める前に、手土産でも持っていって移住を考えている先の住人によく聞いてみるといい。

「雪捨て場」があれば、そこに雪を捨てておけば済む。もしそれがなければ、除雪機で吹き上げて敷地内に邪魔にならないように積み上げる必要がある。ほぼ毎日のことなので、このひと手間が雲泥の差を生む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る