サラリーマン川柳100選発表 職場の悲哀を詠んだ句が目立つ

公開日: 更新日:

 第一生命保険は23日、毎年恒例のサラリーマン川柳の優秀作品100句を発表。働き方改革が叫ばれる中、「会議数 減らせないかと 会議する」「AI(人工知能)に 引き継ぎするのが 大仕事」「若手呼ぶ 連れて来たのは 五十代」など、業務効率化や人手不足対策をめぐる現場の悲哀を詠んだ句が目立った。

 昨年のラグビーW杯日本大会を材料に「我が家では 最強スクラム 妻・娘」「女房の 不利な時だけ ノーサイド」と嘆く句も入選。「おじさんは スマホ使えず キャッシュです」と話題のキャッシュレス決済や「定年や 辞めるに辞めれぬ 2000万」など老後資金不足を取り上げた句も多かった。3月16日まで公式サイトなどで人気投票を行い、上位10句の発表は5月下旬の予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  10. 10

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る