40代、50代はライフシフトを考える 中高年が学び直す意味

公開日: 更新日:

 人生100年時代を見据え、官民挙げて「リカレント教育」を推進している。リカレントとは学び直しのこと。具体的には大学や大学院で学び、新たなポテンシャルを引き出すことだ。では、実際に大学院でMBA(経営学修士)を学ぶ人たちの実態はどうなのか。多摩大学大学院の徳岡晃一郎教授に聞いた――。

 ◇  ◇  ◇

 ――人生100年時代となり定年という概念も変わってきました。

「ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授が、『ライフシフト』という概念を提唱しています。人生には3ステージがあり、これまでは、22歳くらいまでが『教育』、60~65歳までが『仕事』、以降が『余生』という認識でした。それが今や男性の平均寿命は81歳、女性は87歳へと延び、80歳まで働く環境に変化しています。こうなると50代でも仕事の期間はまだ半分であり、残り30年近くあることになります。健康寿命の兼ね合いもありますが、100年生きるとなると、新たな能力を引き出す必要があるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る