40代、50代はライフシフトを考える 中高年が学び直す意味

公開日: 更新日:

 人生100年時代を見据え、官民挙げて「リカレント教育」を推進している。リカレントとは学び直しのこと。具体的には大学や大学院で学び、新たなポテンシャルを引き出すことだ。では、実際に大学院でMBA(経営学修士)を学ぶ人たちの実態はどうなのか。多摩大学大学院の徳岡晃一郎教授に聞いた――。

 ◇  ◇  ◇

 ――人生100年時代となり定年という概念も変わってきました。

「ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授が、『ライフシフト』という概念を提唱しています。人生には3ステージがあり、これまでは、22歳くらいまでが『教育』、60~65歳までが『仕事』、以降が『余生』という認識でした。それが今や男性の平均寿命は81歳、女性は87歳へと延び、80歳まで働く環境に変化しています。こうなると50代でも仕事の期間はまだ半分であり、残り30年近くあることになります。健康寿命の兼ね合いもありますが、100年生きるとなると、新たな能力を引き出す必要があるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る