猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

日本に500館近くある美術館は「稼げ!」の時代に突入

公開日: 更新日:

 ウィキペディアによると、現在、全国には公立美術館は263館くらいある。ちなみに私立美術館を合わせると約490館になる。

 多くの美術館は、1980~90年代に建てられたが、2000年以降になると、ハコモノ行政の批判を浴び、新設は激減する。

 ハコモノ行政とは、公共事業にお金を回すための隠れみのとして美術館を建設しているのではないかという批判で、その要素が多分にあったため、手控えられていった。

 例えば大阪市は膨大な作品を購入しておきながら、美術館建設は頓挫したまま、20年以上は経っている。実際、全国的に美術館にかける予算は削りに削られ、半数以上が購入予算がゼロとなっている。

 さらに公立美術館は東京国立博物館(東博)など一部を除けば、閑古鳥が鳴いているし、存続自体が無駄遣いじゃないかという批判も出ている。国立系の東博など4館は独立行政法人となり、補助はするが、自分たちで採算が取れるように努力しなさいという形になった。

 それに追い打ちをかけるのが今回の政府の「リーディング・ミュージアム」構想であり、「稼ぐ美術館」になれというメッセージである。では美術館の絵を売ってしまったらどんなことが考えられるか、次回はそれを想像してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る