猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

日本に500館近くある美術館は「稼げ!」の時代に突入

公開日: 更新日:

 ウィキペディアによると、現在、全国には公立美術館は263館くらいある。ちなみに私立美術館を合わせると約490館になる。

 多くの美術館は、1980~90年代に建てられたが、2000年以降になると、ハコモノ行政の批判を浴び、新設は激減する。

 ハコモノ行政とは、公共事業にお金を回すための隠れみのとして美術館を建設しているのではないかという批判で、その要素が多分にあったため、手控えられていった。

 例えば大阪市は膨大な作品を購入しておきながら、美術館建設は頓挫したまま、20年以上は経っている。実際、全国的に美術館にかける予算は削りに削られ、半数以上が購入予算がゼロとなっている。

 さらに公立美術館は東京国立博物館(東博)など一部を除けば、閑古鳥が鳴いているし、存続自体が無駄遣いじゃないかという批判も出ている。国立系の東博など4館は独立行政法人となり、補助はするが、自分たちで採算が取れるように努力しなさいという形になった。

 それに追い打ちをかけるのが今回の政府の「リーディング・ミュージアム」構想であり、「稼ぐ美術館」になれというメッセージである。では美術館の絵を売ってしまったらどんなことが考えられるか、次回はそれを想像してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍