猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

「抽象画」はこう鑑賞するのが正解

公開日: 更新日:

「抽象画ってどうやって見たらいいの?」と聞かれることがよくあります。時には「そもそも抽象画で良い悪いなんてあるの?」「実はわかったフリして本当は適当なんじゃないの?」とも言われることも。これに答えるのがなかなか難しいです。答えとしては、まずは絵をたくさん見て、識別していくのがいいかもしれません。

 この絵は誰が、いつの時代に描いたのか? その区別がつけば、そのうち何か感じ始めると思います。そして、抽象画を理解するには、固定観念を捨てなければなりません。絵を見て、これは何を描いているのかと考えるよりも、きれいな色だなぁとか、なんか癒やされるなぁとか、オシャレな感じがするなぁとか、あいまいでいいので何か感じることが大事です。

「いやいや、私は美術のセンスとかないんで……」という人も、見慣れていけば大丈夫。あのスポーツカーはカッコいいね、あの人の服、オシャレだね、このロゴマークいいね……って感じられる人は、抽象画を理解できる素地があるはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る