“100均”の棚が空っぽに? 新型肺炎の感染拡大で危機到来

公開日: 更新日:

 拡大の一途をたどる新型肺炎。感染拡大が深刻な中国では、企業活動にも影響が出てきている。今後は日本国内の「庶民の味方」である100円ショップにも“火の粉”が降りかかる可能性が出てきた。

 中国ではトヨタ自動車やホンダ、日産自動車が現地工場を稼働停止した。日産は稼働再開を少なくとも10日以降に延期。北京や上海など多くの地方政府は、9日まで企業の操業停止措置をとっている。中国国内の企業活動はいつ再開できるか不透明な状況だ。いま心配されているのが、日本の100円ショップだ。商品を中国国内で製造しているケースが多く、輸入がストップしかねないのだ。ロータス投資研究所代表の中西文行氏はこう言う。

「中国での人件費高騰などを受け、100円ショップなどの小売業は、生産拠点を東南アジア諸国に移しつつあります。とはいえ、依然として『世界の工場』としての中国の存在感は健在。一定の割合を中国からの輸入に頼っています。しばらくは倉庫の在庫放出で対応できるでしょうが、感染拡大が長期化したら、商品納入が滞り、棚の何割かがカラになってしまうことも考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る