嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

キムタク作品監修 次世代のスタンダード「カンテサンス」

公開日: 更新日:

 TBS系のドラマ「グランメゾン東京」が面白い。ストーリーもさることながら、料理がとても魅力的に描かれている。それもそのはず、監修はカンテサンスの岸田周三シェフで、彼のスペシャリテが忠実に再現されているのだ。ドラマに登場する低温で長時間ローストされた肉の断面の艶や、ゲランドの塩とオリーブオイルを際立たせるための山羊のミルクのババロアを見ると岸田シェフの涼しげな顔が脳裏をよぎる。僕は現在の御殿山の前の白金時代からの大ファンだ。

 シェフの料理はどれも驚きに満ちあふれていてさりげなくも美しい。愛知県で生まれ育ち、小学校の頃から共働きのお母さんと一緒に料理を作るのが好きで、卒業文集に将来は料理人になりたいと書いていた。

 中学の時にお母さんが図書館で借りてきてくれた本で志摩観光ホテルの総料理長、高橋忠之シェフの存在を知り、家族旅行で志摩を訪れた際にラ・メールで彼の料理を実際に食べてこの人の下で修業しようと決めた。

 シェフの下で働きながら、さらに見聞を広めるために休みの日には東京の店を食べ歩く中、恵比寿にあるカーエムの宮代シェフの料理に引かれる。高橋シェフとは対極的なフレンチの基礎を大切にする技法に触れて上京。その頃からすでに、30歳で自分の店を持つと決めており、それにはフランスでの経験も必要と26歳で渡仏。さまざまな店で修業した後に、アストランスでスーシェフを任された時には気付けば31歳になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟