住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

公開日: 更新日:

中島文夫さん(69歳・駒沢大卒)#1

■双葉社で編集長23年

 退職から3週間後。その会のことは当然知っていた。しばらく前から後輩たちに、写真の提供や名簿のチェックを頼まれていたからだ。しかし、中島文夫さんは東京・飯田橋にある「ホテルメトロポリタン エドモント」の会場に着いて驚いた。「卒業パーティー」と銘打った会場には、300人近い人たちが集まっていたのだ。感無量だった。

 中島さんが、大手出版社の双葉社に入社したのは1972年のこと。3年間の営業を経て「週刊大衆」の編集部に16年間所属し、91年に雑誌「ブラボースキー」編集部に異動した。スキー雑誌としては後発だったが、フリースキーを扱う雑誌としては先駆となり、業界や読者に認められる存在になっていった。93年に編集長に就任した中島さんは、その後、実に23年間にわたって編集長を務めた。

 その退職パーティーに300人近い人が集まるとは、中島さんの人望や人脈の広さを物語るエピソードだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る