飛行機内はウイルスの巣窟か?座席ポケットは「最も不潔」

公開日: 更新日:

 3月20~22日の3連休、関東は天気が良く、桜が見ごろを迎えたこともあってか、公園などに結構な人が出てきていた。新型コロナ対策で“巣ごもり”していた人も、「そろそろ外に出たい」と思い始めたのだろう。

 飛行機で遠出する人はさすがにそれほど多くないかもしれないが、電車やバスで近場にプチ旅行などを楽しもうと思ったら、いくつかの“身を守る方法”を覚えておいた方がいいかもしれない。日刊ゲンダイの連載コラム「ニューヨークからお届けしします」(2016年8月25日付)で、ジャーナリストのシェリーめぐみさんがこんなことを紹介していた。

 それによると、米ドレクセル大学医学部付属病院が「飛行機こそ最も雑菌が多い乗り物」と発表。中でも、座席についているポケットは「一番身近で不潔な場所」で、できるだけ利用しないことを推奨。さらに気を付けたい場所は、トレー(テーブル)。フライト前後の掃除でもトレーを拭くことはなく、あらゆる雑菌が付着している可能性が高いため、使用する前などにはお手拭きでトレーも拭いた方がいいのだとか。ビニールに入っていない毛布は使い回してされている可能性が高く、使わない方が無難。映画などを見るときに使うタッチスクリーンや古くなった機内誌には菌が付着していることが考えられる……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る