赤江アナも陽性…巣ごもり列島を襲う家庭内感染爆発の恐怖

公開日: 更新日:

「Stay Home」――。緊急事態宣言が全国に拡大され、長時間、家に閉じこもることが多くなった。安倍首相も「人との接触を8割減らして欲しい」と、外出しないように要請している。しかし、巣ごもり列島は、家庭内感染が大爆発する恐れが強まっている。

 ◇  ◇  ◇

 今月18日、感染を公表したフリーアナウンサーの赤江珠緒(45)は、夫からの家庭内感染の可能性が高い。夫が11日に発症したため、濃厚接触者である赤江アナは11日から自宅待機していた。同居している家族は究極の濃厚接触者。赤江アナの感染は起こるべくして起きた格好だ。

■中国とイタリアも自宅待機が裏目に

 海外でも家庭がクラスターになってしまった。新型コロナの発祥地中国・武漢では1月中旬に医療機関がパンパンになり、軽症者は自宅療養となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    米倉涼子ガッポリは今だけ? 独立1年の痛恨「戦略ミス」

もっと見る