隣人は爆発寸前かも…巣ごもり長期化で騒音トラブルが続発

公開日: 更新日:

■騒音トラブル事件が続発

 隣の部屋がうるさい。GW中の4日に東京都足立区で、5日には同江戸川区で、アパートの隣人を包丁で刺すなどするショッキングな事件が相次いだが、新型コロナ禍で“巣ごもり生活”が長引く中、騒音トラブルは人ごとではなくなってきている。

 都心のマンションでテレワークをしている美穂さん(39=仮名)には、小学生の息子がいる。

「先月、“生活音に注意してください”ってお知らせのビラがポストに入っていたんです。管理会社が全戸に配ったみたいですが、ウチのことかと思ってドキッとしました。子どもは休校にも飽きてきちゃって、狭い部屋の中を走り回ったりと、とにかくうるさい。迷惑だから静かにしなさいって怒鳴ったところで、10分と我慢できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る