在京企業“総クラスター化”危機…都がコロナ感染リスク放置

公開日: 更新日:

 東京都の新型コロナウイルス新規感染者は増加の一途だ。26日は54人、27日は57人と続き、28日は60人に達した。1日の感染者が60人以上となったのは緊急事態宣言下の5月4日(87人)以来だ。

 11日に東京アラートを解除してから表れた増加傾向に、小池都知事は「感染者は夜の街関連で確認されている」という言い方を繰り返してばかり。

 さもホストや酔客にウイルスはとどまっているといわんばかりの発言に、感染の主戦場が「夜の街」限定と錯覚を覚えた人もいるはずだ。

 ところが感染者の増加に歯止めがかからない。しかも不安な材料も出てきた。「昼の街」の職場クラスターだ。23~24日に都内の人材派遣会社で16人もの感染者が確認されたのである。全員が同じフロアで働く同僚だった。それでも都の担当者は27日、「現時点で急激に市中での感染が広がっているとは考えていない」と事態を軽視する説明をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る