残業代や労災はどうなる? 知っておきたい在宅勤務の疑問

公開日: 更新日:

 在宅勤務を続ける企業が相次いでいる。カルビーは7月1日から工場などのスタッフは除き、国内社員の2割に当たるオフィス勤務の社員は在宅などのテレワークを原則にする。出社率は3割にとどめるという。日立も同様で、来年以降も在宅勤務を続け、出社率は5割にする方針だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大をキッカケに、働き方が大転換。在宅勤務の疑問も浮かび上がっている。カネや住まいなどについて気になる点を、働き方改革総研代表の新田龍氏に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

【Q1】
 在宅勤務になり、会社から「残業代は出ない」と言われた。給料は残業代分の15%くらい減っている。でも、定時には終わらない。残業代は請求できないのか?

【A1】
「結論からいうと、残業代は請求できる可能性があります。労働基準法第38条は、会社以外の場所で業務を行う場合、事業場外みなし労働時間制を採用できるとしています。その採用には、条件を満たす必要があって、その条件と社員の労働環境がどうなっているか。そこがポイントです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  8. 8

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る