【ピアットスズキ】アクリル板で隣を遮断 ミシュラン1つ星

公開日: 更新日:

 麻布十番にある高級イタリアンで、ミシュランの常連店。「ミシュランガイド東京 2020」でも星を1つ獲得している。ビジネス利用のほか、家族や恋人同士で来店する人も多かったが、コロナの影響で激減。現在は6割まで回復したというが、もともと入れる人数を制限している。

 落ち着いた大人の雰囲気の店内は、テーブル数を削減した上で4人席を2人利用に変更。カウンターはサービス側と客席との間と、隣席との間にアクリル板を置いている。

「ウチは天井が低いから、あそこ狭くない? なんて話になるんじゃないかと心配で」とオーナーシェフの鈴木弥平さんは懸念するが、やれるだけのことはやっている。

 そもそも3密を気にせず普段から仲間内で騒いでいるような人には縁遠い名店。客筋が信頼できるのも大きい。

「鰹の炙り」(1人前1200円・税別=写真)は、これからの季節に最高の一品。鮮度のいい国産の鰹はオリーブオイル、醤油、にんにくに漬けてあり風味が爽やか。付け添えの野菜との一体感はなんともおいしい。キリッとした白ワインとよく合う。「男性のひとり客が案外多いんです」とシェフ。ランクの違うイタリアンで秋らしくひっそりと舌鼓を打つのもいい。

▽ピアットスズキ
東京都港区麻布十番1―7―7はせべやビル4階
℡03・5414・2116

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る