【ピアットスズキ】アクリル板で隣を遮断 ミシュラン1つ星

公開日: 更新日:

 麻布十番にある高級イタリアンで、ミシュランの常連店。「ミシュランガイド東京 2020」でも星を1つ獲得している。ビジネス利用のほか、家族や恋人同士で来店する人も多かったが、コロナの影響で激減。現在は6割まで回復したというが、もともと入れる人数を制限している。

 落ち着いた大人の雰囲気の店内は、テーブル数を削減した上で4人席を2人利用に変更。カウンターはサービス側と客席との間と、隣席との間にアクリル板を置いている。

「ウチは天井が低いから、あそこ狭くない? なんて話になるんじゃないかと心配で」とオーナーシェフの鈴木弥平さんは懸念するが、やれるだけのことはやっている。

 そもそも3密を気にせず普段から仲間内で騒いでいるような人には縁遠い名店。客筋が信頼できるのも大きい。

「鰹の炙り」(1人前1200円・税別=写真)は、これからの季節に最高の一品。鮮度のいい国産の鰹はオリーブオイル、醤油、にんにくに漬けてあり風味が爽やか。付け添えの野菜との一体感はなんともおいしい。キリッとした白ワインとよく合う。「男性のひとり客が案外多いんです」とシェフ。ランクの違うイタリアンで秋らしくひっそりと舌鼓を打つのもいい。

▽ピアットスズキ
東京都港区麻布十番1―7―7はせべやビル4階
℡03・5414・2116

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い