旅行に行くと“お金”をくれる 自治体独自のクーポン&交通費

公開日: 更新日:

 政府の「Go To トラベル」とは別に、自治体によっては、それにプラスする形で1000~5000円の「金券」や「クーポン」を進呈するところもある。併用も可能なところが多いが、どこが最もお得なのか?

■宿泊者に2000円のグルメクーポン(北海道函館市)

 市内の対象ホテル・旅館などに宿泊すると、1人当たり1セット(2000円)の「函館市グルメクーポン」(発行総数30万セット)を大盤振る舞い。

「1泊以上が対象。宿泊人数分、配布されます。対応する市内の飲食店で利用できます」(函館市観光誘致課)

 Go To キャンペーンの旅行先で使える地域共通クーポンとも併用できるから食事はぜいたくができる。

 函館といえば、中島みゆきの歌をテーマにした公開中の映画「糸」の舞台にもなっている。ロケ地マップも配布中だから聖地巡礼も面白い。期限は来年1月9日まで。

■先着4万5000人分の格安プラン「鬼割」(大分県別府市)

「湯ごもりエール泊別府鬼割プラン」は、日本有数の大分県の温泉街から、巣ごもりならぬ、湯ごもりしてほしいと立ち上げた企画。先着約4万5000人限定で販売している。

 1泊朝食付きや素泊まりのルームチャージが格安になる。HPに掲載される宿に利用可能なプランが記載されていて、鬼割(特)の1泊朝食付きは大人6000円~、鬼割(松)は同5500円、鬼割(竹)は同3500円。素泊まりの鬼割(梅)プランなら2500円だ(※休前日はプラス1000円)。他のキャンペーンとの併用はできないが、鬼割で十分、人気温泉地の滞在費は抑えられる。

「参加の宿泊施設は、大分県が作成した『感染予防及び緊急時対応のチェックシート』を全項目満たした施設なので3密対策はもちろん、安心して利用いただけます」(別府市観光戦略部観光課担当者)

 あわせて、飲食店を支援する「#別府エール飯」プロジェクトも実施している。公式HPに地元の名店がテークアウト飯を紹介しているが、宿泊鬼割プランには夕食が付いていないので、お弁当を利用するのもいい。自腹で夕食も付けられるが、地元のレストランに還元したい。

 予約期間は来年3月まで(4月1日チェックアウト分)。予約は電話限定で、対象施設は「湯ごもりエール泊別府鬼割プラン特設WEBページ」でチェックしよう。

■1人3000円の金券(島根県)

 パワースポット「出雲大社」に参拝するなら、市内の対象宿泊施設に泊まるのがおすすめ。1人当たり3000円分の「観光業応援クーポン券」が進呈されるが、小さい子供がいる家族は特にお得だ。

「宿泊料不要となる添い寝の子供も対象。チェックイン時、ご家族の人数分をお渡ししています」(出雲市観光課担当者)

 別途販売する割引チケットの「しまねプレミアム飲食券」や「出雲の飲食店応援プレミアム付食事券」とも併用可能だ。

■観光施設で使える5000円のクーポンガイド(滋賀県)

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主役・明智光秀のほか、織田信長や豊臣秀吉も居城を構えた戦国武将ゆかりの地である滋賀県も、宿泊キャンペーン「今こそ滋賀を旅しよう!」をスタート。

 12月6日までの対象宿泊プランの購入者に、チェックイン時に県内の観光施設(300カ所以上、寺社含む)で使える5000円分のクーポン付きのガイドブックが配布される。

 こちらはGo To トラベルとの併用も可能。5万人分販売中で、期限も長い。

 現在、大津市内では4会場で「びわ湖大津・光秀大博覧会」も実施中。

 Yahoo!トラベル・dトラベル・るるぶトラベルなどネットでも予約可能だ。

■Go To 併用で最大70%OFF(兵庫県伊丹市)

 今年6月、「『伊丹諸白』と『灘の生一本』 下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷」が日本遺産に認定された。

 それを記念して実施するのが、「Go To 伊丹キャンペーン」だ。

「条件は、Go To トラベル事業の適用を受けた市内宿泊などのプランを利用すること。国の35%と市の35%で1人1泊当たり旅行代金の最大70%引きのお得なキャンペーンです。市の補助額の上限は国と同じ1万4000円(日帰り旅行は7000円)です」(伊丹市まちなかにぎわい課担当者)

 江戸時代中期、酒造業で栄えた伊丹。「酒蔵通り」には、かつて町家、酒蔵、社寺などが集まった旧伊丹郷町のにぎわいが残っている。酒蔵巡りも楽しいだろう。

■県庁お墨付き宿を最大5000円引き(山梨県)

 感染予防対策がバッチリな施設ほど安い――。山梨県は、県お墨付きの施設に宿泊する人へ「やまなしグリーン・ゾーン宿泊割り」(来年1月31日宿泊分まで)で最大5000円引きのプレゼント。

「県が“認証”を与えた施設を対象に宿泊料金の支援をし、観光客はその施設に宿泊すると割引を受けられます」(山梨県観光文化部担当者)

 1人1泊当たりの宿泊料金1万円以上(値引き前・税別)で、2500円または5000円(施設によって異なる)引き。5000~1万円未満は2500円引きで、さらにGo To キャンペーンと併用できる。対象施設は県庁HPでチェックしよう。

■移動費キャッシュバック(高知・栃木県)

 高知県はGo To トラベルを利用して、県外から宿泊を伴う旅行客に交通費をキャッシュバック。1旅行当たり1人(車移動なら1台)最大5000円が戻ってくる。公共交通を使った家族4人なら、最大2万円も浮く。21年2月28日宿泊分まで。

 栃木県レンタカー協会などは、レンタカー利用で5000円キャッシュバックキャンペーンを実施。県内のキャンペーン実施事業所のレンタカーを7000円以上利用し、県内の宿泊施設で1泊以上すれば5000円戻ってくる。

 実施期間は、2021年1月31日まで。出かけるなら活用したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る