【酒盗マヨネーズ】罪深き味の秘密は4対1の黄金比率

公開日: 更新日:

ユの木(東京・月島)

「魔のマヨネーズ、罪深いと言われるかたもいらっしゃいます(苦笑い)」(店主の土屋さん)

 お店でも人気が高いという酒盗マヨネーズ。新鮮でみずみずしい野菜なら余計な手は加えず、生のまま、あるいは塩茹でしただけで食べたくなる。そのお供にマヨネーズは鉄板だが、酒盗入りともなれば、自宅の晩酌のツマミが、あっという間に気の利いた小料理屋の一品に早変わりする。

「マグロの酒盗が手に入らなかったら、カツオの酒盗でも。残業で帰宅が遅くなっても、作り置きしておけば、たとえば、着替えている間にジャガイモを“レンチン”しておけば、それに合わせるだけで“まずはビール”に間に合うと思います」(土屋さん)

 この日は茹でたアスパラガスとカリフラワー。野菜は食感を重視するあまり、火通ししすぎないようにしがちだが、「きちんと火を通したほうが、うま味が増します。青物の茹で時間は1~2分がひとつの目安に」(土屋さん)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る