【パルミジャーノが香るオトナのチーズケーキ】酒好きのためのデザート

公開日: 更新日:

ギョバー茅場町店(東京・茅場町)

 甘いものが苦手な記者は正直、デザートにはまったく食指が動かない。だが、これには衝撃を受けた。

 見た目は、よくある普通のベイクドチーズケーキなのに、まったく甘くないのだ。

 食べた瞬間から口いっぱいに広がる、濃厚な風味。それを引き立てる黒こしょうの香り。さらにチーズの複雑なウマ味。

 デザートなのかツマミなのか。ギリギリのところを攻めてくる金内さんの腕に脱帽だ。

「パルミジャーノの塩気がいい仕事をするでしょう。甘さはグラニュー糖で調整できますよ」

 チーズの風味に負けない、強めの酒を片手に、秋の夜長を楽しみたい。

《材料》
・クリームチーズ 200グラム
・パルミジャーノ 100グラム
・グラニュー糖 45グラム
・卵黄 1個
・生クリーム 100ミリリットル
・レモン汁 20ミリリットル
・薄力粉 15グラム
・黒こしょう粗挽き  適量
・ミント 適量

《作り方》
(1)クリームチーズは常温に戻しておく。薄力粉はだまにならないようにふるっておく。
(2)やや大きめのボウルに、クリームチーズとグラニュー糖をすり混ぜる。よく混ざったら、卵黄、生クリームの順番で加えてなめらかになるまで混ぜる。
(3)パルミジャーノパウダーとレモン汁を加えて混ぜる。少しもったりとしてきたら、薄力粉を加えて混ぜる。
(4)テリーヌ型(100円均一ショップで購入可能)にクッキングシートを敷き、③を流し込む。
(5)170度に予熱したオーブンで35分焼く。
(6)粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。盛り付ける際に黒こしょうをかけ、ミントを添える。

▼ギョバー茅場町店
 茅場町の路地裏で17年続く立ち飲みバル。鮮度抜群の生ビールと、ビストロのような高クオリティーのフードメニューで近隣のサラリーマンから絶大な支持を得ている。赤いひさしが目印。

東京都中央区日本橋茅場町2―14―4 サンムーン№3ビル1階
℡03・3660・4313
営業時間…ランチ11時30分~13時30分/ディナー17時~
定休日…土・日・祝日

▼菊地博さん&金内友弥さん
 ドリンク担当の菊地さん(写真左)と調理担当の金内さん(同右)。タッグを組んで2年足らずだが、絶妙なコンビネーションで店を切り盛りしている。イケメン2人のアットホームな接客目当てに通うOLも多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る