【キュウリとトマトのマリネ】万能ドレッシングをフル活用

公開日: 更新日:

ユの木(東京・月島)

 今回教えていただいた5品は、実用的で作り置きできるものばかり。お酒を楽しみながらの晩酌である。出来上がったばかりのアツアツではなく、冷めてもおいしい。あるいは週末や時間のある時に仕込んでおけばパパッと盛り付けるだけで食べられる。そんなメニューがうれしい。この玉ネギを使ったドレッシングは最たるものだ。  

「最大の利点は傷みづらいこと。煮沸消毒などした清潔な入れ物で保管してもらえたら、1カ月はおいしくいただけると思います」(土屋さん)

 撮影時は残暑だったこともあり、トマトとキュウリを合わせたが、「旬のお好みの野菜を合わせてください。レタスなどの葉物はもちろん、これからの季節ならスライスしたカブにも合うかと。醤油の代わりにお豆腐にかけてもぜひ」。

 万能で作り置きしておくと頼もしいが、ひとつ“難点”が……。 

「玉ネギをすりおろす時、そこそこ涙が出るかも(苦笑い)」 

 ゴーグルを用意する?

《材料》
・キュウリ  1本
・トマト  1個
・バジルの葉  適量
・炒りごま(白) 適量
ドレッシング
・玉ネギ(すりおろし) 250グラム
 (※すりおろした際に出る水分も含む)
・サラダ油  180グラム
・米酢  180グラム
・塩  25グラム
・薄口醤油  18グラム
 
《作り方》
(1)ボウルにドレッシング用の材料をすべて入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせてから清潔なタッパーやペットボトルなどに入れて冷蔵庫で冷やしておく。
(2)トマトは一口大、キュウリは縦2・5センチ幅に切り、包丁の腹でたたいて割る。
(3)器に②を盛りつけ、冷やした①のドレッシングをよく混ぜてからかける。その上にちぎったバジル、炒りごまをのせて出来上がり。

▽土屋為芳(つちや・ゆきよし)
 1974年生まれ、静岡・伊豆出身。地元の旅館でのバイトを皮切りに、東京の銀座や赤坂見附、大阪、箱根などでの修業を経て、40歳で独立。食べ歩きの趣味は「料理人にとっていいことしかない」。店の立ち位置を“第三者目線”で進化させ、外観、料理、雰囲気すべてが一体となった“土屋ワールド”をつくり出す。リピーターが多いのもうなずける。

▽食堂 ユの木
 市場により近い場所を求め、江戸川区西葛西から現在の月島の路地裏に移転してきたのは2018年3月のこと。お通しの代わりに「おばんざい三種」もしくは「季節の小鉢三種」を選ぶシステム。かわいらしい手書きのお品書きには、懐石を中心とした店で腕を磨いた主人による肩肘の張らない和食ベースの逸品が並ぶ。料理の多くは3ケタの価格設定。白木のカウンターで喉を潤しながら“三種”をつまみ、あれこれとメニューを吟味する時間は何物にも代えがたい。

東京都中央区月島3―14―2
℡03・6240・5095
17時30分~23時(日祝は~22時)
月曜休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  5. 5

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  8. 8

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  9. 9

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  10. 10

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

もっと見る