【パッキーマオ】酔って作って、食べて酔って…

公開日: 更新日:

オールドタイランド(東京・新橋)

 口に入れた瞬間、さらに後から追うように辛味がやってくる。多くのタイ料理でおなじみの汗が噴き出る辛味だ。

「パッは『炒める』、キーマオは『酔っぱらい』。つまり、酔っぱらい炒めという意味です。キーマオはどちらかといえば、タチの悪い酔い方を指す言葉。そんな酔っぱらいがテキトーにあり合わせで作った、という意味の料理なんです」

 とはオーナーの川口さん。確かに野菜を中心とした炒め物なので、作り方は難しくない。

「タイでは〇〇・パッキーマオと、炒めるものの名前がつきます。現地の『ママー』というインスタントラーメンの麺を使うなら、ママー・パッキーマオ。ビーフンなら、センレク・パッキーマオですね」(川口さん)

 ちなみに具材はレシピ以外のものでも可能。名前通り、台所でビールでも飲みながら、あり合わせでパッと作ってみよう。ただ、ケガや火加減にはお気をつけて――。

《材料》
・サラダ油  30グラム
・刻みニンニク  10グラム
・刻み唐辛子  10グラム
・鶏ガラスープ  40グラム
・ガパオ(ホーリーバジル)  適量

調味料
・オイスターソース 小さじ2
・醤油  小さじ2
・ナンプラー  小さじ1
・砂糖  小さじ1
・ホットチリソース 小さじ2

具材(下記は一例)
・シメジ  適量
・インゲン  20グラム
・キャベツ  30グラム
・タマネギ  適量
・ピーマン  半分
・豚肉細切れ  40グラム
・溶き卵  1個
・焼きそば(蒸し麺)  1玉

《作り方》
(1)フライパンにサラダ油を入れて、ニンニクと唐辛子を香りが出るまでゆっくり弱火で炒める。
(2)溶き卵を入れてかき混ぜ、半分くらい火が入ったら、豚肉、お好みの大きさに切った野菜、麺を入れて、さっと炒める。
(3)スープ、調味料をすべて入れて中火でしっかり炒める。
(4)最後にガパオを入れ、強火でさっと炒めたら完成。

▽ウィラサック・チャームンクン
 1975年10月、タイ出身。18歳から33歳までタイのレストランで働き、その後はオープンスタッフを募集していた広島のタイレストランに勤務し、現在に至る。

▽オールドタイランド
 株式会社S.S.Cの川口洋代表取締役が2012年5月にオープン。19世紀のタイの民家をモチーフにした異国情緒漂う店内と、タイ人コックの作る本場料理が名物。

東京都港区新橋2―15―3 1階
℡03・6206・1532
ランチ…11時半~15時(ラストオーダー14時半)
/ディナー…17~23時(ラストオーダー食事22時、飲み物22時半)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  4. 4

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    佐高信氏「中小企業が生き延びる道は“大”にならないこと」

  9. 9

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  10. 10

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

もっと見る