【クンニム・ガティアム】食欲誘うニンニクの香り

公開日: 更新日:

オールドタイランド(東京・新橋)

 タイ料理のすべてが辛いわけではない。ソフトな味わいで食べやすい料理も珍しくない。今回紹介するクンニム・ガティアムもそのひとつだ。

 クンニムはソフトシェルシュリンプ、ガティアムはニンニクという意味。揚げたエビにニンニクベースのソースをかける……そう聞くだけでヨダレが出てきそうだ。

 ソフトシェルシュリンプなので、殻を気にする必要もない。カリッと小気味の良い食感で口の中を楽しませ、ビールを流し込むのは至福のひと時だ。

「タイはビールが有名ですが、米どころなので米焼酎も近年増えてきているんです。主に水割り、ソーダ割りで飲みますね。以前、タイではビールが高かったので、安い焼酎やウイスキーを割って飲む文化がある。原料も米やサトウキビなどを混ぜたものがあり、中にはラム酒のようなウイスキーもある。それをラムコークさながらにコーラで割るんです。タイはハッキリした味を好む傾向があるので、その影響もあるかもしれません」(川口オーナー)

 なおソフトシェルシュリンプが手に入らなければ、普通のエビでも可。その場合はきちんと殻を剥いて食べよう。

《材料》 
・ソフトシェルシュリンプ 4匹
・小麦粉 適量
・サラダ油 小さじ4
・刻みニンニク 小さじ1
・万能ネギ(3センチほどにカット) 適量
・パクチー(ざく切り) 適量
・フライドガーリック 適量
・粗びきブラックペッパー 適量
調味料
・オイスターソース
・薄口醤油
・砂糖
・ナンプラー
・紹興酒(料理酒)
 いずれも小さじ1
・鶏ガラスープ 40グラム

《作り方》 
(1)水気を拭き取ったエビに小麦粉をはたき、170度に温めた揚げ油(分量外)でカリッと火が通るまで揚げる。
(2)①の油を切り、皿に盛りつける。
(3)別のフライパンでサラダ油を熱し、刻みニンニクを炒める。
(4)軽く火が通ったら、調味料をすべて入れて炒め、最後に強火で熱してから火を止める。
(5)④を②にかけ、お好みでネギやフライドガーリック、ブラックペッパーをかけ、パクチーで飾ったら完成。

▽ウィラサック・チャームンクン
 1975年10月、タイ出身。18歳から33歳までタイのレストランで働き、その後はオープンスタッフを募集していた広島のタイレストランに勤務し、現在に至る。

▽オールドタイランド
 株式会社S.S.Cの川口洋代表取締役が2012年5月にオープン。19世紀のタイの民家をモチーフにした異国情緒漂う店内と、タイ人コックの作る本場料理が名物。

東京都港区新橋2―15―3 1階
℡03・6206・1532
ランチ…11時半~15時(ラストオーダー14時半)
/ディナー…17~23時(ラストオーダー食事22時、飲み物22時半)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る