【ガイ・ガティアム】南国タイ風から揚げにビールが合う

公開日: 更新日:

オールドタイランド(東京・新橋)

 簡単に言ってしまえば、タイ風鶏のから揚げ。しかし、当然ながら日本のそれとは風味が異なる。その秘密はタイ料理には欠かせないナンプラー。タイ発祥の魚醤の風味がから揚げにアクセントを加え、黒コショウとニンニクの香ばしさが味に彩りを添える。

「ガイ・ガティアムとは、タイ語で『鶏・ニンニク』の意味です。タイ料理の名前は食材や調理法を組み合わせたシンプルな名称が多いんです」

 こう話すのは、オールドタイランドをはじめ、複数のタイ料理店を経営する株式会社S.S.Cの川口洋代表取締役。かつて世界中を旅し、外務省職員として中東の大使館で働いていたこともある。そこでタイ人と知り合い、タイという国に引かれたのがきっかけだ。

「日本に戻ってきて、霞が関で働いていた時から、タイ料理のお店を出したいと思っていた。そこで一念発起し、外務省を辞めて料理の修業をしてから、2004年に自由が丘にクルン・サイアムというタイ料理店を出したのが最初です」(川口氏)

 今週のダンツマは南国タイの魅惑の味をご紹介する。

《材料》
・鶏もも肉 180グラム
・小麦粉 30グラム
・水 適量
・フライドガーリック 適量
・紹興酒(なければ料理酒) 小さじ2
・パクチー 適量

漬けダレ
・オイスターソース 小さじ2
・薄口醤油 小さじ1
・ナンプラー 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・粗びきブラックペッパー 少々

《作り方》
(1)鶏もも肉を一口サイズに切り分け、混ぜ合わせた漬けダレに漬け込む。
(2)ボウルに水と小麦粉を入れて衣を作る。
(3)①に②を絡ませ、170度に熱した油(分量外)で揚げる。
(4)カリッと揚がったら油から上げ、余分な油を落とす。
(5)熱した別のフライパンで④とフライドガーリック、紹興酒を入れて、強火でさっと絡めて器に盛り、パクチーを添えて完成。

▽ウィラサック・チャームンクン
 1975年10月、タイ出身。18歳から33歳までタイのレストランで働き、その後はオープンスタッフを募集していた広島のタイレストランに勤務し、現在に至る。

▽オールドタイランド
 株式会社S.S.Cの川口洋代表取締役が2012年5月にオープン。19世紀のタイの民家をモチーフにした異国情緒漂う店内と、タイ人コックの作る本場料理が名物。
東京都港区新橋2―15―3 1階
℡03・6206・1532
ランチ…11時半~15時(ラストオーダー14時半)/ディナー…17~23時(ラストオーダー食事22時、飲み物22時半)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る