三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

“密”からすべての文化や文明が生まれた…リモートには弊害

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染が再拡大しているという。テレビや新聞は第3波に突入したと報じ、新たな対策の必要性を論じ始めている。

 もっとも感染症の専門家が予防法として挙げるのは、ウイルスの発現当初から一貫して同じだ。密接、密着、密閉の「3密を避けるべきだ」と強調している。人と人が濃密に触れ合うことを否定し、オンラインでのやりとりを推奨。社内のミーティングや顧客との打ち合わせもリモートで実施するよう促している。

 もともと日本では一緒に酒を酌み交わすコミュニケーションが重視されてきたが、それもNGだ。同じ空間で食事をして酒を飲む必要がある場合でも、少人数に限定すべきだと指導している。しかも食事中の会話は禁物で、さっさと食べ終えてからマスクをして話すように求めているのだ。

 感染拡大を防ぐ観点からであれば、こうしたやり方は効果的なのだろう。だが、忠実にそれを実行すれば、社会は確実に壊れていく。人間らしく生きることもできなくなってしまうだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る