流行語大賞は3密 今年の漢字“下馬評”は「密」、次点「禍」

公開日: 更新日:

 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」が1日発表され、「3密」が年間大賞に選ばれた。

「何でこれが流行語?」などと物議を醸すこともある新語・流行語大賞だが、新型コロナウイルスに振り回された今年は、さすがにネット上も〈妥当な線〉〈納得〉などと肯定的な意見が多い。

 それと並んで、師走を感じさせる行事といえば「今年の漢字」だろう。日本漢字能力検定協会がその年の世相を表す漢字1字を全国から募集。今年は6日が締め切りで、14日に例年通り京都・清水寺で揮毫され、発表される予定だ。

「流行語が文化人らで構成される選考委員会によって選ばれるのに対し、漢字は純粋に応募総数で決まる。なので、両者には“ズレ”が生じることがままあります」(出版業界関係者)

 例えば昨年の流行語はラグビー日本代表の「ONE TEAM」。漢字は21万6325票の応募のうち3万427票を集めた令和の「令」が選ばれた(別表参照)。

「過去10年間で両者のイメージが一致したのは、2011年の『なでしこジャパン』と『絆』ぐらい。ただ、今年はコロナ以外、考えにくいでしょう。流行語が『3密』で漢字も『密』なんてこともあり得るかも」(前出の出版業界関係者)

 東京・茅場町にある会員制バーでは例年、常連客60人ほどで「今年の漢字」を予想し合っているという。

「2日時点で最も多い予想はやっぱり『密』で、次がコロナ禍の『禍』。他にソーシャルディスタンスで『離』とか、ステイホームで『宅』『家』とか、感染の『染』、少数派では倒産の『倒』ですかね。ほぼコロナ関連です」(店長)

 日刊ゲンダイ予想は記者の独断で「禍」。果たして結果は……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る