はとバスの1年<2>稼働しないバスでの「迷路体験」が話題に

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大は、70年以上の歴史がある「はとバス」に想定外の影響を与えている。

 昨年4月の緊急事態宣言では、観光バスツアー全便が運休。6月に再開した後も前年比の約3%にまで利用者数が激減した。驚くほどの落ち込みだが、手をこまねいていたわけではない。

 9月の4連休に合わせ、「稼働してないバスがあるなら活用してはどうか」という社員の発案で、観光バス60台を壁に見立てた「巨大バス迷路体験」を実施したのだ。

 バスの稼働が少ない今しかできないユニークな企画は多くのメディアが注目し、こぞってニュースで取り上げた。

「実はこの企画は迷路主体ではなかったんです」

 広報室課長の山本雄太さんが明かす。

「コロナ禍で観光バスの安全性をPRするのが目的。メインは車内換気体験でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る