築地本願寺の不安調査<1>若者の4人に1人が「死にたいと思った」

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。広がる閉塞感に誰もが不安を抱く中、東京・築地本願寺が独自の「不安に関する意識調査」を実施した。悩みの実態から見えてくる、コロナ禍を生き抜くヒントとは?

 調査は昨年11月、10~70代の男女3600人を対象にインターネットのアンケートで行われた。

「昨年から女性の自死、不安度が高いという報道を耳にしていました。そこで主に女性をターゲットにして悩みを深掘りし、コロナ禍でお寺や僧侶ができることを考えようというのがきっかけです」

 そう語るのは築地本願寺・副宗務長の東森尚人さんだ。回答者は女性2400人、男性1200人。その結果、不安度を最高10点とすると、女性の平均値は6.49点と男性の5.91点より高く、不安内容については女性の過半数が自分以外に家族など身近な人の健康を心配する傾向にあった。特に50代女性の悩みが深いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る