<6>重度のコロナ後遺症に悩む男性が再感染を避けるためにしていること

公開日: 更新日:

「昨今は目立てば良い、ウケれば良いみたいな情報が増えてきたと感じます」--。こう語るのは昨年8月にコロナ感染で緊急入院した槌田直己さん(仮名=57)。槌田さんは重症化による肺機能低下で、生涯、24時間酸素吸引が必要になった。再感染すると命取りになりかねいため、常に注意を払っている。大量に溢れるコロナ関連情報にも人一倍敏感だ。【編集・構成=日刊ゲンダイ】

 ◇  ◇  ◇

 コロナに関して言えば、ともすれば不安をあおるような記事や極論が目につきがちです。「ワクチンは殺人兵器」などと公言する地方議員もいて、中には多くの専門家が否定するような情報もあります。ワクチンに関しては副反応を気にされる方も多いと思いますが、3月26日時点で厚生労働省は安全性において重大な懸念は認められないと発表しています。こういった情報に関し、私がどう対処しているか書いてみたいと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る