人気ラーメン「一蘭」が20年断り続けたカップ麺発売のワケ

公開日: 更新日:

 国内外に80店舗以上を展開する、天然とんこつラーメン専門店「一蘭」。2月15日に発売したカップ麺(税込み490円)は一蘭の店舗のほか、通販や一部コンビニなどで販売されたが、そのほとんどで即日完売。すでに80万食分が出荷済みで、1日に追加分が販売された。

 あくまで独自商品のため、コンビニに数多並ぶ有名ラーメン店のカップ麺とは一線を画すという。

 人気の理由を一蘭広報の佐々木千沙子さんに聞いた。まず、20年以上前からさまざまなところからカップ麺のオファーがあったものの、すべて断り続けてきたという。

「弊社の要望やこだわりの再現に100%応えていただけるところがなく、これまでお断りしていましたが、この度、エースコックさんの高い技術力で商品化できました。おかげさまで想像以上の反響をいただき、こちらも驚いております」

「とんこつラーメンを世界一研究する会社」だけあって、企画から味の再現まですべて一蘭主導で行われ、何万回もの試食を繰り返してきた。しかし、店舗の味の再現ではなく、あくまでカップ麺の中でできる最高のものを目指したという。そして、1つ490円(税込み)の強気な価格にも理由があった。

多くの一蘭ファンが待ち望んでいた

「具材を入れる案もありましたが、ラーメン本来の味を堪能いただくため、具なしで発売することに。材料を厳選する中で特にコスト面でスープの比重が高く、こだわりの味を提供するためにこの価格になりました」

 爆発的な売れ行きはコロナによる巣ごもりの影響もあるだろうが、一蘭ファンが待ち望んでいたからこそ。

ヒカキンさんといったインフルエンサーの方々に、YouTubeやSNSで取り上げていただいた影響も大きかったと思います」

 一蘭の実店舗も、道頓堀や新宿、渋谷などインバウンドで外国人客が多かったエリアはコロナの影響で大幅に売り上げがダウン。しかし、席ごとに間仕切りされている「味集中カウンター」など、以前から“コロナ仕様”だったことが功を奏し、安心して食べられる店と認識された。

 また、昨年3月から対象年齢を「小学6年生まで」に引き上げた無料提供のお子様ラーメン(通常の半量)が好評で、ロードサイド店などは家族連れで盛況だ。人気のカップ麺は定番化するという。

(取材・文=伊藤洋次/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る