吉村府知事ドヤ顔”手柄”自慢に現場から上がる疑問の声

公開日: 更新日:

 もはや医療崩壊だ。

 大阪府は、今後の新型コロナウイルスの重症患者数のシミュレーションを公表した。

【写真】この記事の関連写真を見る(15枚)

 14日、府の対策本部会議の場で同日まで前週増加比1.5倍のペースで増え、「まん延防止等重点措置」から2週間が経過する19日以降、第3波(1月中旬)と同じ前週比で減少した場合は340人。同日まで同2倍のペースで増え、19日以降、第3波と同じ前週比で減少した場合は、427人になると試算した。

 府が確保している重症病床数は241床。15日時点で226床が埋まり、使用率は93.8%となっている。だが、軽症・中等症患者受け入れ医療機関で、35人の重症者が継続治療を行っているため、重症者数は261人。満床どころか、すでに20人分オーバーしている。

 感染拡大に備え、昨年12月、吉村知事の肝いりで開設した「大阪コロナ重症センター」でさえ、フル稼働できていない。重症センターには30床の重症病床があるが、15日時点で運用できるのは18床のみ。すべてを運用するには、1床当たり4人、計120人の看護師が必要になるが、人手不足で専用施設を生かし切れていない。

増設計画は放ったらかし

 そもそも重症センターは、当初の計画ではまず30床を整備し、今年春までにさらに30床を増設する予定だった。吉村知事は昨年12月7日、重症センターを視察した際、2期計画について「まず30床を運用して、その先、どうするか判断する」と語っていたが、その後、どうなったのか。

 府感染症対策支援課の担当者がこう言う。

「第2期につきましては、医療スタッフの確保などの問題もありまして、現時点ではストップしている状態です。凍結? 凍結も含めて検討するという状態です。それは知事が昨年12月、コロナセンターを視察し発言した時点から変わっていません。今後、状況によっては2期分に着手する可能性はゼロではありません」

 吉村知事は第4波の対策を怠ったばかりか、先週8日、民放番組に出演した際にはこんな発言も。

「重症センターに関しては、もともと3月末で閉鎖する予定だった。閉鎖したらいけないというので、年度替わりで人が替わって常設の施設ではないので、『閉めるな』という指示を出して動かしている。もともとゼロになる予定だった」

 しかし、開設当初から設置期間は「2年間」で、府の公表資料にも「2020年11月30日から2022年11月29日」とある。吉村知事発言はどういうこと?

 府感染症対策支援課人的支援運用グループの担当者がこう説明する。

「2年間、リース契約をしているので、施設自体は2年間存続します。コロナで病床が逼迫した時に運用していくということで、感染が落ち着いて施設が必要ないということになれば、使わないという可能性はあります。(知事が)どういう文脈で言われたかは分かりません。感染が落ち着いている時にそういう議論があったのかもしれませんが基本的に3月末で閉鎖、完全に閉めてしまうという予定はありませんでした。担当レベルでは(閉鎖の話は)知りません」

 増設計画は放ったらかしにして、真偽不明の「手柄」を自慢している場合ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る