岡崎英生
著者のコラム一覧
岡崎英生フリーライター

1943年生まれ。早大仏文科卒。漫画編集者、原作者、週刊誌ライターをしながら、農園生活を満喫。珠玉のエッセーを書いている。「畑のおうち―クラインガルテンの12カ月」「富良野ラベンダー物語」などの著書がある。

土に触れ、野菜を育てる一人遊びには人を健やかにする力が

公開日: 更新日:

「ねえ、畑を借りて、野菜をつくりましょうよ」

 ある日、妻が突然、そんなことを言いだした。いったい、どういうつもりだろう。とにかく、逆らわぬに越したことはない。言いなりになっておくに限る。

 ということで始まった私の野菜づくり。うまくいったり、いかなかったりを繰り返しながら、もう40年以上が経ってしまった。結局、私はこの40年以上、妻の言いなりになって生きてきたことになるわけだが、それでよかったのだと思っている。

 というのも、暖かい日差しを浴びながら土をおこしたり、種をまいたり、収穫の作業をしたりしていると、嫌なことはきれいさっぱりみんな忘れられる。仕事で抱え込んだストレスも、跡形もなく消えていく。

 やっているのは農業の真似事にすぎないかもしれないけれど、しかし、土に触れ、野菜を育てるというこの一人遊びには、人を健やかにしてくれる力がある。いつしか私は、そう感じるようになったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  4. 4

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  5. 5

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  6. 6

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    在台邦人「アストラゼネカ」ワクチン優先接種に戦々恐々

  9. 9

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  10. 10

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

もっと見る