河野大臣のワクチン廃棄「許しがたい」に現場から怨嗟の声

公開日: 更新日:

 何様のつもりか。河野ワクチン担当相が21日の会見で、新型コロナウイルスワクチンの廃棄事例について「極めて許しがたい」と罵倒した。「廃棄しないようお願いする」と普通に言えばいいのに、なぜこんな上から目線なのか。

 全国で高齢者への接種が進むファイザー製ワクチンは、解凍・希釈してから6時間以内に打たなければならない。しかし急なキャンセルなどで用意した分が打てないケースが多発している。

 河野大臣は「いくつかの自治体、保健所で『接種券がない者には打てない』という誤った指導を行っている」と問題視し、接種券がなくても「後日、接種記録を入れればいいだけの話」と、余ったワクチンはとにかく接種して使い切るよう求めた。

 大臣のお墨付きに“抜け駆け接種”の首長たちは喜んでいるかもしれないが、現場は困惑。怨嗟の声が上がっている。首都圏のある市の関係者が怒りを込めて言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  4. 4

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  5. 5

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  6. 6

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  7. 7

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  8. 8

    在台邦人「アストラゼネカ」ワクチン優先接種に戦々恐々

  9. 9

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  10. 10

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

もっと見る