【ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め】染み出た「スープ」に麺を絡めて

公開日: 更新日:

沙漠之月(東京・池袋)

 紫、赤、緑の夏野菜3種は彩り鮮やか。軟らかなナスを噛み締めると、黒酢と醤油、トマトのエキスがジュワッと口の中に広がる。カリッとした食感のピーマンがさわやかなアクセントになっている。

「私の故郷・張掖では、ピリ辛で酸味があり、程よい山椒のしびれを感じる料理が好まれています。辛すぎず、酸っぱすぎずが主流ですから、日本人も無理なく食べられると思います」

 なかなか、濃いめの味わいなだけに、ビールやチューハイで流し込むのもいいが、紹興酒でチビチビと合わせるのも悪くない。少し深めの皿に盛ると、エキスがにじみ出た「スープ」が底にたまっている。これを捨てるのはもったいない。どうすればいいのか。

「張掖では、“暇”さえあれば手延べの麺を作っていました。皆、麺が好きなんです。余ったスープには麺を絡めてみて下さい。軽くゆでたそうめんがピッタリです」

 そうめんのみならず、冷や麦や細めのうどんもいい感じだ。ツマミから「シメ」の役割までこなせる一品だ。

《材料》 
・ナス 1本
・トマト 1個
・辛くない青唐辛子orピーマン 2個
・ニンニク 2かけ
・長ネギ、ショウガ、塩、粉山椒、醤油、黒酢、サラダ油 各少々

《作り方》 
(1)ナス、トマト、青唐辛子(ピーマン)を食べやすいサイズに乱切り。切ったナスは水にさらす
(2)長ネギ、ショウガ、ニンニクをみじん切り
(3)適量のサラダ油を張った鍋を熱し、②とナスを投入。1分ほど炒める
(4)トマトと青唐辛子を鍋に加え、塩、粉山椒、醤油、黒酢を入れ味を調整
(5)ナスが軟らかくなったら、皿に盛って完成

▽英英(いん・いん)
 1975年、中国甘粛省張掖市出身。日本人男性と結婚後、97年に来日。2000年からは、中国に戻って甘粛省敦煌市でカフェを6年間経営。12年に東京・池袋で「沙漠之月」をオープンした。

▽沙漠之月 
 JR池袋駅から徒歩約10分。駅東口の繁華街から離れた大通り沿いの雑居ビル3階に入居する同店は、カウンター5席とこぢんまりしている。日本では珍しい甘粛省料理を楽しめる。餃子に麺、肉や野菜とメニューは多彩。ビールに紹興酒、白酒、日本酒も用意している。流暢な日本語を操る英さんのトークは軽妙で、客の好みに合わせた料理を提供してくれる。知る人ぞ知る名店だ。

東京都豊島区東池袋2―63―15 3F 
℡080・6634・9898
月~土=18時30分~22時30分LO/日祝休
(緊急事態宣言中は休業。お店に要確認) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る